自社サイトへの集客

ネットショップを立ち上げたからには、どんどんお客さんを呼び込んで売り上げを上げてきたいですね。しかし、インターネットという仮想空間において、出来たばかりのネットショップは、誰も来ない人里離れた山奥にお店を建てたようなものです。何もしなければ、お客さんどころか人の目に触れることもないのが実状です。そこで、あなたのネットショップを大通りの一等地へと移動させてくる方法をいくつか紹介します。


Googleにサイトを申請しよう

まず、サイトが完成したら、検索エンジン最大手のGoogleにサイトを申請しましょう。申請することで検索結果に表示されるようになります。Googleのサイト検索アルゴリズムは、Yahoo!なども利用しているので、Googleに申請しておけば他でも表示されます。

Googleサイト申請
Googleウェブマスターツール

Googleウェブマスターツールは、サイト管理者向けのGoogle公式ツールです。サイトの登録だけでなく、登録状況の確認やサイトの診断などを行うことができます。


集客の基本となるSEO対策を実施しよう

集客するためのベースとなるのが、SEO対策(検索エンジン最適化)です。Googleなどの大手検索サイトで、あなたのサイトを見つけやすくする為の手法です。これを専門に請け負う業者もありますが、かなり高額です。ある程度は自分で出来るので、頑張ってやってみましょう。

SEO対策は基本的に内部要因と外部要因に分かれます。中でも内部要因はサイト自体に施す処置なので、お金もかけずに対策が可能です。ホームページにはMETAタグといって、そのサイトの特徴を示すタイトルやキーワード、説明文などが埋め込まれているのを知ってますでしょうか。ソースを開くと<head>〜</head>の間に記入されているものです。検索エンジン側ではこれを読み込んで、どんな内容のサイトなのかを判断するので、必ず埋め込んでおく必要があります。ネットショップ向きのサーバーでサイトを制作したのであれば、入力する欄があったはずです。商品ページなどにも独自のMETAタグを入れられるようになっているので、必ず入力しましょう。


ディレクトリ登録を行う

SEO対策を行う上で外部要因の一つとして大事なのが、ディレクトリ登録です。Yahoo!などの大手ポータルサイトに存在するディレクトリに登録し、リンクされることがとても重要になります。影響力の強い大手サイトからリンクされることによって、検索結果が飛躍的に向上します。

Yahoo!のディレクトリはヘッダー右上の「カテゴリ一覧」から見ることが出来ます。

ただし、登録するための審査にはお金が掛かります。無料で登録を申請することも出来ますが、登録が補償されるものではなく、公共的なサイトで無い限り無料申請で登録されることはまずありません。Yahoo!に登録するだけでも50,000円(税別)が必要になりますが、大手ポータルサイトのディレクトリに登録されることは、ネットショップにとって必要不可欠なものとされています。

Yahoo!ビジネスエクスプレス
クロスレコメンド


リスティング広告を利用する

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索した際に目立つ場所に表示してもらう広告のことです。指定したキーワードで表示されるので、あなたの扱っている商品を探している利用者だけをターゲットとした広告を出すことが可能です。

Googleアドワーズ広告
Yahoo!プロモーション広告



上は、GoogleとYahoo!で共に「Tシャツ 販売」と検索した際の結果です。赤線で囲んだ部分がリスティング広告となります。通常の検索結果よりも、目立つ位置に表示されているのが分かります。有料広告ですが、1クリック何円という設定です。表示されただけでは料金が発生せず、クリックされて(実際にサイトに訪れて)初めて料金が発生します。「今月の利用は何円まで」という設定も可能なので、とりあえず試してみるのも良いでしょう。


被リンク数を増やす

意外に簡単で手っ取り早いのが、被リンク数を増やすことです。これもSEO対策上の外部要因で大切なことの一つです。知り合いでサイトやブログを運営している人がいれば、お願いしてリンクしてもらいましょう。無料で登録できるポータルサイトに登録する方法もあります。中には自分でブログを開設して、その記事の中で自分のサイトを紹介する人もいます。考えれば方法はたくさんありそうです。ただし、誰が運営しているかも分からない自動で登録される検索サイトへの申請は控えた方が良いかもしれません。あまりにも無関係なサイトからのたくさんのリンクは、SEO対策上のマイナス要因とされています。


SNSを上手に利用する

最近では誰もが利用しているFacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが、これを上手に利用すればより多くの人に自分のネットショップを知ってもらうことが可能です。ショップのFacebookページを立ち上げて、興味を持ってくれる人を取り込んでいくなど、利用価値は大きいと思います。まだまだ上手に利用できている人は少ないので、是非とも取り組んでいただきたい手法です。


ネットショップに必須のショッピングカート付きサーバー

ネットショップの運営に特化したショッピングカート付きのサーバーをご紹介します。それぞれの特徴を紹介しておりますので、ご自身にあったものを選んで利用してください。

Eストアー 【ショップサーブ】
初期費用 月額費用 HDD容量
10,280円 4,930円〜 1GB〜

テンプレートも豊富で、ネットショップに必要な機能がすべて標準装備 。すぐにネットショップが開業できます。初心者でも安心して開業できる、充実したサポートとマニュアルが人気。自動集客システムと集客代行サービスがあり、開業後も安心です。


GMOメイクショップ 【MakeShop】
初期費用 月額費用 HDD容量
10,800円 0円〜 約1GB〜

15日間の無料体験があり、低コスト月額0円からネットショップを開業できます。充実したサポート対応で流通額、機能数は業界No.1。約22,000店舗の導入実績があり、圧倒的な集客力とSEO機能が人気の秘訣です。


GMOベパポ 【カラーミーショップ】
初期費用 月額費用 HDD容量
3,240円 972円〜 0.2GB〜

「ロリポップ!レンタルサーバー」を提供しているGMOペパボ株式会社が提供するショッピングカートASPサービス。ネットショップ開業に必要な機能が全て揃っており、初めての開業をトータルで支援。モバイルショップにも対応し、無料お試し期間も30日間とたっぷり。


e-shops 【e-shopsカート2】
初期費用 月額費用 HDD容量
10,000円 2,400円〜 1GB

既存のサイトをネットショップに。特許技術「シンクロカゴ」をはじめ、ネットショッップ・オーナーの意見をもとに成長しているe-shopsカート2は初心者の方から繁盛店まで多数の導入実績を誇ります。


クロセル 【SHOP-Maker】
初期費用 月額費用 HDD容量
なし 3,240円〜 -

カート機能のみをレンタルするショッピングカートシステムです。既存のサイトをお持ちであればカートへのリンクを貼るだけの簡単導入が魅力です。カートのみをレンタルする形式だから、サイトのデザインは制約なし。サイトデザインにこだわる方にうってつけ。


システムリサーチ 【イージーマイショップ】
初期費用 月額費用 HDD容量
0円〜 0円〜 0.1GB〜

シンプルな操作性で高機能な本格派ネットショップを最短15分で作成できるクラウドサービス。Facebook・Yahoo!ショッピング・Googleショッピングとの連携が可能なので、他店舗展開が簡単に実現。ショッピングカートのみのご利用も可能。


楽天市場 【楽天市場】
初期費用 月額費用 HDD容量
64,800円 21,060円〜 500MB〜※画像容量

言わずと知れた国内最大級のインターネットショッピングモール。コストは高いが本気で売りたいなら、他とは比べものにならない集客力は魅力。開業後のサポートも万全です。「売れる」ネットショップ開業なら楽天市場お申込みはこちら


次は「売り上げアップの方程式